オレゴンのワイナリーが2024年ワイナリー・オブ・ザ・イヤーを受賞

15日
4月
2024年
Monday
詳細

カリフォルニア州デル・マーで開催されたトースト・オブ・ザ・コースト・インターナショナル・ワイン・コンペティションにおいて、アンプクア・ヴァレーのワイナリーであるロイスル・プレイヤー・ロック・ヴィンヤーズが、2024年ワイナリー・オブ・ザ・イヤーおよびベスト白ワイン賞を受賞した。ロイストラは、3つのベスト・オブ・クラスを含む、4つのダブル・ゴールドと3つのゴールド・メダルを獲得した。 トースト・オブ・ザ・コーストは、サンディエゴ・カウンティ・フェアが主催する毎年恒例のイベントで、世界中から最高品質のワインを生産するワイナリーを表彰することを目的としている。コンペティションで表彰された320以上のワイン(大半がカリフォルニア産)の中で、ロイストール・プレイヤーロック・ヴィンヤーズはいくつかの品種部門を独占した; 2021年のシラーはベスト・シラーに輝き、2022年のグルナッシュはベスト・グルナッシュに輝き、2022年のグリューナー・ヴェルトリーナー・グリーン・リザードはベスト白ワインに輝き、95点を獲得した; スティーヴンによれば、グリーン・リザードはオーストリアのヴァッハウ地方の伝統的なスタイルで造られており、オーストリア当局が販売停止勧告を出すまで3ヴィンテージ連続でそのラベルが貼られていた; ヴァッハウ地方は、そのワインに独自の3段階呼称システムを採用している:フェーダーシュピール、シュタインフェーダー、そしてスマラグドだ。スマラグド(スマーオックと発音)は最高級の格付けとされている。この言葉は直訳するとエメラルドで、ヴァッハウのブドウ畑に生息するエメラルド色のトカゲにちなんでいる; ロイストラによれば、私たちはオーストリアとの間でこの問題を解決し、ラベルに「スマラグド」と表記するのをやめた; 通常、国際的なエントリーを特徴とする一方で、今シーズンのトースト・オブ・ザ・コースト・コンペティションでは、カリフォルニアの生産者からの応募が圧倒的多数を占めた。特に、米国で最も高価で垂涎の的となるワインを生産するカリフォルニアと競い合う場合、オレゴンワインの質の高さを示す前例になったと思う」とスティーブンは語った; ワイナリー・オブ・ザ・イヤーという名誉あるタイトルを受賞できたことは、私たちにとってこの上ない喜びです」とロイステルは語る。

イベントの日程・開催時間
  • 2024年4月15日

その他のニュース

すべてのニュースを見る